2016.7.29 fri.

博多阪急にて

20160729.jpg

来月8月、こちらに出展しとります(^^)

「てしごとマルシェ×アーティストの祭典」
日時…8月17日(水)〜23日(火)
10:00〜20:00
(最終日は17:00まで)
場所…博多阪急8階 催場

アーティストなんてかっこいいものではありませんが、一応一個人店として出ております!
各地のマルシェ団体さんやワークショップスペースなどもあるようで、広い会場内でいろんなものが見れるようです(^^)

今バタバタと準備中です!
お盆明けですが、ぷら〜っと遊びにいらしてくださると嬉しいです!

2016.7.28 wed.

UFOキャッチャー

20160728_1.jpg

20160728_2.jpg

20160728_3.jpg

珍しいカットです(^^)
ブリオレットのダイヤモンド!

とっても綺麗なんですが…穴がないっ∑(゚Д゚)
しかも依頼内容が、ペンダントトップ、尖った方が下、出来るだけ石を覆わないように…と。

どうしようか2ヶ月くらい迷ったあげく、結局UFOキャッチャーになりました…。
はじめ、細い金線で作っていたんですが、細すぎてロウ付けの最中に溶けちゃったり、先に付けたところが外れちゃったりとトラブル続きだったので、もうワックスで作っちゃいました!(^^)
キャスト上がってきたものをヤスリで地道に整えたんですが、ブリオレットカットとわかっていても、ぴったり合わせるのは本当に難しい!
最後の石留めもどれだけ時間かかったか(´Д` )

なんとか留めれました!
納品が楽しみです(*^◯^*)

2016.7.26 tue.

ダイヤモンドペンダントトップ②

20160726_1.jpg

20160726_2.jpg

昨日の続きです(^^)
仕上がりました!
ダイヤモンドは0.41ct。
地金はK18のペンダントトップです!
ダイヤモンドをスプーンですくってるみたいですね。
気に入っていただけました!(^^)

2016.7.25 mon.

ダイヤモンドペンダントトップ①

20160725_1.jpg20160725_2.jpg

20160725_3.jpg20160725_4.jpg

かわいいカットをされたダイヤモンドのペンダント枠を作っています(^^)

ダイヤモンドってほんとにキラキラ光ります!
もちろんこれも、高分散値、高屈折率などの物理的特性による輝き、光沢なのですが、そのおかげで眩しすぎてカットスタイルがよくわかりません(^◇^;)
どの辺でエッジが交差して、どんな形のファセットで…。
ブリリアントカットは決まったカットをしているのでいいのですが、こういった決まりのないファンシーカットはよく見ないと作っている間に混乱しちゃいます( ̄▽ ̄)
これは、パビリオンがスクウェアのステップカットだったので、割と簡単でした!
よかった(*^◯^*)

石座もなるだけ小さく作ったので、ダイヤモンドが際立ってますね!
完成まであと少し(^^)

2016.7.23 sat.

チェーン修理

20160723_1.jpg 20160723_2.jpg

クロムハーツ・ペーパーチェーンの留め具修理をしました(^^)

私はクロムハーツ商品はあまり詳しくありません(´・_・`)
なので知らなかったのですが、このタイプの留め具の入れ込み部分はK14製なんですね!
おそらく耐久性のためかな?
チェーン商品もクロスなどのトップ商品も重量がありますからね!

で、その入れ込み部分が折れちゃったということでした。
折れた部分をロウ付けして元通りの形にすることは可能です。
ですが、強度までは復元できない…。
真珠ネックレスによく使われるクラスプ留め具のように二つ折り部分を引っ掛けて留める用途ではないようですが、同じ破損の可能性は多分にあります。

20160723_3.jpg 20160723_4.jpg

なので、ここは開き直って、まんま作り直しました!

材質はSV925、シルバー。
シルバーなので同じような破損がないように、少し形を変えました。
薄い板の二つ折りでなく、厚めの板状に!(^^)

実際に留まるために大切な部分はサイドの小さなポッチなので、それをしっかり作れば、あとは二つ折り部分と指を引っ掛ける部分は着脱時のためのパーツです。
丸カンを一度切って開けて、元の金具を外し、新しい金具を入れてロウ付け。

既製品に火を当てるのは正直敬遠したいところです(´・_・`)
以前、海外製であろうシルバー商品の修理のために火を使ったら、キャスト品で地金内部がスカスカだったようで、火を当てる度にヒビ割れたり部分的に溶けたりしたことがあったのです。
これもそうなってしまったら…と考えると恐怖でしたが、なんとかうまく部分的に温め、ロウが回ってくれたのでよかった!

これでまた再び身につけていただけます!(*^◯^*)

2016.7.21 thu.

りんご復活!

20160721_1.jpg 20160721_2.jpg

20160721_3.jpg 20160721_4.jpg

20160721_5.jpg

りんごチャームが復活します(*^◯^*)

数年前にペンダントやピアスなどで作っていたりんごモチーフを、今回新しいデザインで作りました!
リアルな立体的な形は前と変わらず、今回は食べちゃう直前形の「うさぎりんご」とツートップです(^^)

ペンダントネックに二つとも下げてもいいし、うさぎりんごをアジャスターにつけて首後ろの隠れチャームとしても使えます!
また、ピアスや揺れるチャームリングでもいいですね( ´ ▽ ` )ノ

一応メインはゴールド、K18で作る予定ですが、シルバーでももちろん作れます。
まだこれは試作を仕上げた段階です。
K18で作った完成品はまた後日(^^)

2016.7.16 sat.

ニューカラー!

gecko_ptbt_1.jpg

ネットショップにカベチョロさんリングの色違いを3点アップしました!

個人的にピンク・トルマリンとブルー・トパーズのコンビがお気に入りです(^^)
ターコイズとラピスラズリの組み合わせも不透明石ですが涼しげでいいですよ〜。

最近、新しい石も入手したので、組み合わせのバリエーションが増えました!
新色は、
ラピスラズリ(不透明・濃青色)
オニキス(不透明・黒色)
ブルー・トパーズ(透明・淡青色)
アメシスト(透明・紫色)
です!

お好みの石もお探しいたしますので、どしどしお申し付けください!(^o^)/

2016.7.14 thu.

磨き方の違い

20160714_1.jpg

マットなツヤなし仕上げとツヤツヤ鏡面仕上げでは、こんなに見た目が違います!
すべて一度鏡面磨きをした後に、マットにしたいものはツヤなしの仕上げをします(^^)

20160714_2.jpg

その時に使うのが、この「金剛砂」。
ガーネットサンドとも言います。
つまり、小さな小さなガーネットの小片の集まりなのです。

金剛砂を仕上げたい金属に、水と一緒に滝のように落とし叩きつける手法です!
これでツヤツヤの鏡面がこんな風にツヤなしになるのでびっくりです。

しかしこれも単純な物理です(^^)
ガーネットはモース硬度で7〜7.5ほど。
それに対し、シルバーは約2.5、K18は約4.5、プラチナは約4〜4.5なので、ガーネットの方がダントツ硬いのです。
硬いものを軟らかいものへ落としたら、そりゃ軟らかいものの方が凹みますよね!
というわけです(*^◯^*)

2016.7.10 sun.

蚤の市♪

20160710_1.jpg 20160710_2.jpg

月1回あっている筥崎宮蚤の市に来ています(^^)
アンティーク・マイルストーンさんのところに少しだけ帯留などを置いてもらっています!

雨は降ってないですが蒸し蒸し暑い!
陽が照ってないだけましか(´Д` )
動いてもないのに汗が…。

お客さんはいつもより少ないみたいです。
選挙があるからかな?

久しぶりの投稿になってしまいましたが、ネタがないわけじゃないんですよ!
いつもいつも写真を撮り忘れてしまうのです(´Д` )
作業中は手が銀粉や研磨剤にまみれているので、携帯やカメラとかは触りたくないのです…。
作業中は集中してて、ついつい忘れて作り進めてしまいますし(^◇^;)
忘れないようにします(ง •̀_•́)ง

2016.7.4 mon.

iichi出品中

gecko_cota_1.jpg

ハンドメイドマーケットの"iichi"で出品させていただいていますが、商品画像を撮り直して内容も少し目新しくしてみました(^^)
まだ撮り最中のものもあるので、近日中にまた出品数が増えます!
お暇な時間にでものぞいてやってください(^o^)/
iichi ”秋山 夏葉”
https://www.iichi.com/shop/berika-kayo

2016.7.3 sun.

アレキサンドライト

20160703_1.jpg

20160703_2.jpg

またまた宝石のお話。

違う光を当てると色が変わる現象を変色効果と言います(^^)
代表的な宝石は、アレキサンドライト、鉱物名はクリソベリルです。
基本的に、日中の太陽光の下では緑色、室内のランプやペンライトなどのタングステン光では赤色になります(*^◯^*)

アレキサンドライトはクロム着色由来ですが、このクロムはエメラルドでは緑色、ルビーでは赤色の着色原因となる元素で、アレキサンドライトはエメラルドとルビーの素敵な色のいいところ取りをしているのです(^^)

しかも、角度によってさらに色が変わるという性質も持っているので、アレキサンドライトはとにかく高価!
これは多色性と言います。

ただし、アレキサンドライトは合成でも作られますので、天然or合成に要注意です(^^)