お花のピンキーリング①.JPG
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

小花のピンキーリング

ピンキーリングとは小指につけるリングのことです。
つける指それぞれに名前があります。
例えば、親指につけるリングは「サムリング」といいます。
また、つける指ごとに意味合いもあり、それでお守りなどにするという方も多いと思います。
左の小指は特に、恋愛成就のお守りにもなるとか。
それでなくともさりげなくて可愛いのに、女性にはドンピシャなアクセサリーですね!
右の小指は自分を表現したい時にいいとか。
お仕事で活躍したい時などにいいかもですね!

指のサイズはもちろん人それぞれですが、ピンキーリングはだいたい3号くらいで作ることが多いです。
でも知人に0号の方もいらっしゃいます。
見ていて、本当に細い!
びっくりします!
リングはデザインや形状により、サイズ直しの加工が必要になってきますが、そんなに難しい作業ではないのでいつでもどうぞ!という感じです。
このお花のリングも、ピンキーとは言っておりますが、ご希望であれば他の指のサイズで作ることももちろん可能です。
一見シンプルですが、ぷっくりした5つ花弁のお花と、リングの腕に少し凹凸の加工をしておりますので、見た感じ可愛らしいイメージです。

お花のピンキーリング②.JPG

shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

お花のピンキーリング③.JPG
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

K18PG (ピンクゴールド)で作ったものの写真です。
ピンクゴールドは最近は不動の人気ですよね。
普通のゴールド色でなくて、少しピンクがかった色味です。
割金の中の銅の割合を通常より高くして、この色を出すのですが…故に、実は、ほんの少しもろさがあります。
もちろんそれは加工上での話であって、それをカバーするのが作り手の技術、義務なのですが。
普段身につける上ではなんら問題はないので、気にする必要はありませんのでご安心ください!
ちなみにジュエリーに使われるゴールドにはいろんな色があり、主としてイエロー、ピンク、ホワイトですが、珍しいものとしてグリーンゴールドというものもあります。
色違いで重ねてつけると可愛いかもですね!

お花の部分は直径約6〜7mmくらいです。
なので、指にぽちっとお花が咲くイメージです。
写真はSV925シルバーです。
こういう細身のリングは、リングの内側も少し丸くしていますので、身につけていて痛くないですし疲れません!
石も入っていないので、いろんな場面で活躍ができそうなリングです。

Item Spec :
号数 約2〜3号
重さ 約2.7g

お花のピンキーリング④.JPG

shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

The Points

ピンキーリング

お花のピンキーリング③.JPGピンキーとは英語で小指のことです。
つまりピンキーリングとは小指につけるリングということなので、サイズによって名前が変わるという意味ではありません。
だいたい平均号数というのはありますが、ひとそれぞれ指や間接の太さは違いますので、10号でも小指につけるのならピンキーリングです。
また、利き手というのもありますので、通常右利きの方は右手のサイズの方が大きいと思います。
ピンキーリングは、願いやお守りの意味を込めてつけることが多いので、さりげなくつけられるデザインが多い気がします。