流花チョーカー①.JPG
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

流花チョーカー

流れる枝を結んだ花。
何を考えて〜というわけでないのですが、なんかこう、上品に、セクシーに、飾れるものが作りたかったのです。
セクシーといえば、女性らしいやわらかなラインとそのバランス、あと、さりげないアプローチ(?)。
ということで、こういうものが出来上がりました。
結構大きいです。
しかもネックチョーカーです。
チェーンだとちょっと上品さが落ちる。
というわけであえてチョーカーです!

トップの大きさは、縦約10cmあります。
わたしはこれこそウェディングでどなたかに身につけてほしい!
カラーストーンを入れてしまったので、純白ドレスにはうーん…という感じですが、石はダイヤにも出来ますし!
この大きさだとアレなんで…ジルコニア…とか。
ちなみに写真の石は、シャンパンガーネットです。
淡いやわらかなピンク色がかわいいです。
もうひとつ、ブルートパーズのバージョンも作りました。
そちらの方はカッコかわいいというイメージです。

シャンパンガーネットはあまり流通していないので希少性が高いらしいです

流花チョーカー①.JPG

流花チョーカー②.JPG
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

チョーカーは今回既製品です。
着け心地も結構いいです。
首に落ち着いてフィットしてくれます。
形がきちんと整っているので、全体的にすごく綺麗に見えます!

Item Spec:
長さ 約40cm
重さ 平均約30g

The Points

ガーネット

流花チョーカー①.JPG1月の誕生石。宝石言葉は「貞操、真実、友愛」
ガーネットの由来はラテン語で「ザクロ石」です。ザクロのように血赤な色から、灯火や炎、愛する人への感情といった意味があるそうで…。
一番身近な宝石のひとつですが、ガーネットと言ってもある特定の石を指しているわけではなく、「ザクロ石」の総称です。
ちなみに一般的にガーネットと言われているあの赤い石は「アルマンディン・ガーネット」と言います。
あの濃赤色は主に鉄分によるものです。
他に「ロードライト・ガーネット」や「パイロープ・ガーネット」などありますが、構成されている成分が違います。例えばロードライトにはマグネシウムが含まれています。
なので同じ赤でも濃淡や色合いが違ったり、中には自然光と人工光で色が変わるカラーチェンジ・ガーネットもあります。
わたしが独学で調べただけでも書ききれないくらい情報量があるので…ホント語り尽くせないほど奥が深いです。