月ペンダント.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

ペンダント

月は女性の象徴です。
月モチーフのアクセサリーやジュエリーは慈愛とか包容力とか、女性の優しさをアップさせてくれるアイテムらしいです。
…という目的で作ったわけではないですが、後で調べてみるとそうだったらしい。
今回2011年冬の個展でお披露目した作品です。
本当はシンプルなバンド型リングを作る予定でした。
それがひょんなことから思いつきでこんな形に…。
トップの側面に直接穴をあけて、そこに細めのチェーンを通してペンダントに。

チェーンはカルダノツイストチェーンという、非常に細くて繊細なチェーンです。
わたしのお気に入りのひとつです。
直接通して、しかもアジャスターの先にはいつものsilberikaのタグを取り付けてしまっているので、チェーンの替えはききませんが…。
土台のリングの部分やつや消し加工、蝶や桜のモチーフの部分だけ鏡面加工でつやつやに。
蝶や桜は手彫り…と言いたいところですが、これはわたしのお気に入りの型抜きを使用したものです。
本当なら手彫りでしたかったところですが、型抜きした方が繊細で精密な作品が出来上がる場合もあります。
今回は多分そのパターンです。

月ペンダント②.jpg

shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

月ペンダント③.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

三日月バージョンと満月バージョンを作りました。
蝶と桜の配置、大きさ、土台の大きさなどもすべて違います。
同じ作りと言えど、同じ作品は作りませんでした。
展示会の中で一番繊細な作品でしたが、ひときわ存在感があった作品でもあります。
なので結構早めに売り切れてしまいました。
お買い上げいただいた方々、本当にありがとうございました。

Item Spec:
長さ 約40〜45cm
重さ 平均約10g

The Points