あわじ玉チョーカー①.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

あわじ玉チョーカー

革素材が元々好きなんで出来れば革製品も作ってみたいと思うんですが、まだそこまで手がのばせずにいます…。
で、前からちょこちょこ購入していた革紐。
この革紐はいいです、お気に入りです。
色がかわいいのとしっかりした強度があるということで。
裏が少しスウェード調?なので、衣服などにすれてだんだん柔らかくなっていくと思います。
切れることはおそらくないですが。
その革紐を使って今回はあわじ玉を作ってみました。

革紐のあわじ玉、めちゃくちゃかわいいです。
それを使いたいな〜と思って、このチョーカーを考えました。
真ん中のシルバーはたまご型です。
花の模様を透かしで彫って、中は中空です。
なのでそんなに重さもなく、あわじ玉とたまご(銀)が直接チョーカーの線に通されているので、身につけると胸元すっきりー!という印象です。

チョーカーというと着けづらいし合わせづらいというイメージがあるようで、なかなか手が伸びない方が多いようです。
が、身につけ慣れるとこれほど女性らしいアクセサリーはないと思います。
着けづらいには首元をきゅっとしめるような感じだからでしょうか。

あわじ玉チョーカー②.jpg

shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

あわじ玉チョーカー③.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

今回使用したカベートチェーンはワイヤーのように丸く形が決まっているので、多少重いトップつけても崩れません。
洋服も選ばないと思います。
アジャスターをつけているので、タートルネックの服の上からなどいろんな使い方が出来ます。
柔らかいチェーンのペンダントもいいですが、こういうチョーカーがひとつあっても使えますよ。

Item Spec:
長さ 約40〜45cm
重さ 平均約7g

The Points

あわじ玉

blog110329.JPGあわじ玉です。中国結びのひとつ。
長い歴史がある中国、さすがというか、この結び芸自体もかなり古い時代からあるものらしいです。
あわじ玉はよく服のボタンとかで見たりします。
日本でアジアン結びとして使われているのはポリエステル100%の紐ですが、やっぱ革紐とか使うとイメージが変わってかわいい〜。