懐中時計ペンダント①.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

懐中時計ペンダント

時計の歯車をモチーフにしたアクセサリーはなんとなく構想として持っていたのですが、なかなか実現出来ずにいました。
自分の文字盤が透明な腕時計がモデルなんですが、この透かしをどうやって作ろうかとか、作ったとして強度的な問題もあるし。
大きなトップにしたかったので、結局大小大きさの違う歯車を重ねて強さを出すことにしました。
歯車の接していない部分を少しでも少なくする方向で。

房がワンポイントです。
タッセル、かわいいですよね。
房って言ってたんですけど、ホントはかっこよくタッセルって言うらしいです。
残念ながらこのタッセルは既製品ですが、この短い具合がとてもかわいくて、是非コレを何かにつけて利用したいと思っていた時に懐中時計のトップを作ることに成功したので、運良くコンビになったという作品です。
房つけてしまうと、房なしじゃ淋しいような気がしますが、なくてもシンプルで十分かわいいんです、コレが。
懐中時計の内側には合成石がこれまたワンポイントでついています。

懐中時計ペンダント②.jpg

shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

懐中時計ペンダント③.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

コレも考えなしでつけてるわけじゃないんですよ。
それぞれ違いますが、3時の方向とか7時の方向とか、ちゃんと文字盤の場所についてます。
1つだけですけど。
お好みの色の石で出来ます!
太めで長いシルバーチェーンも特徴的です。
ずっしり感が出ますが、意外に繊細な印象も。
シルバーの白っぽい輝きが重すぎなくていいんでしょうね、多分。
なのであまり大きいアクセサリーはちょっと…という方もあまり違和感なく着けられると思います。

冬場はシルバーのチェーンが首元で冷たくなる!という方もいらっしゃいます。
わたしも結構…。
なのでそういう時は革紐!
革好きなので、もっと革紐とか革製品とかとコラボでアクセサリー等を出していけたらな〜と思います。
アレルギーのある方でも革紐ならって言われる方も多いですし。

Item Spec:
長さ 約60cm
重さ 平均約10g

懐中時計ペンダント④.jpg

shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

The Points

タッセル

懐中時計ペンダント③.jpgタッセルブームらしいですよ、なんだか。
だからってわけじゃないんだー!って言っても意味ないでしょうけど、かわいいですよね。
扇子や扇についてるのがかわいくてたまりません、個人的に。
大きいのは難しいですが、今回使用したサイズ、あるいはもう少し小さめならどんなアクセサリーにもアクセントとして使用出来そうです。