急須ペンダント①.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

急須ペンダント

ポットから派生した作品、急須です。
個人的に言わせてもらうと、急須はこの形が1番好きです。
上に取手がついているタイプ。
横から持つタイプではなく。
妙にかわいらしい気がして。
そんなこんなで急須です。
残念ながらフタは開きません…。
が、ボディにかわいらしい彫りの模様がついてます!

なんとこの急須、取手がちゃんと動きます。
なので、動くと本体も揺れるという、可動式ななんともかわいらしい構造になってます。
急須はね、取手が動かないとフタが開けづらいですし。
このあたり、変なところにこだわってしまう性分ですので…。

あと、注ぎ口に関してですが、ちゃんと内部と貫通しております。
なので、もし中に水を入れることが出来たなら、おそらく口から出てきます。
が、フタが開かない上に注ぎ口が極細のため、ちょっと不可能かと思います。
机上の空論ってやつで。
ティーポットペンダントでは鈴の構造になっていましたが、今回はそれは避けました。
多分小さすぎて鳴らないだろうと思ったので…。

急須ペンダント②.jpg

shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

急須ペンダント③.jpg
shadow_gry_Up.pngクリックで拡大表示

ティーポットペンダントでは表面に何も彫ったり埋めたりしなかったのでかなりシンプルでしたが、今回はお花模様やクローバー模様といろいろ彫ってみました。
やっぱりワンポイントあるとかわいらしさが増しますね。
模様は自由自在ですし、お好みで彫ることも可能ですし。
もっと小さく作って合成石を埋めたりもしました。
お茶好きな方や、食器好きな方におすすめな作品です。
ちなみにこれをお店に置きに行ったとき、相変わらずよく作るなと賛辞していただきました。
わたしにとっては最高の褒め言葉です!

Item Spec:
長さ 約40〜50cm
重さ 平均約12g

The Points

丸カン

画像31.jpgアクセサリーを作る時に使うパーツの紹介です。
わざわざ言われなくても知ってるよ!という方々がほとんどだと思いますが…。
とりあえず1番よく使うのがこの丸カンじゃないでしょうか。
形状によってはCカンとか、楕円カンとか、そう呼んだりするものもあります。
基本的に円形、楕円形なのでその直径、線の細さ太さもさまざま。
同じ口径で線径が違うというものもあるので、アクセサリーを邪魔しない程度に、だけど強度も保ちつつ慎重に選ばないといけない代物です。
主にさまざまなパーツ同士を接続する時に使います。

Fellow Items

ティーポットペンダント

ティーポットペンダント①.jpg