フラワーベッドペンダント.jpg

フラワーベッドペンダント

以前にも竹筒を半分に割ったようなトップに、押し花用に加工された生花を樹脂で埋めて固めたペンダントを作ったのですが、今回は押し花シールとしてすでに加工されたものを使用しました。
やはり樹脂で固めています。
シールなので花の位置などはもう決められたもので、わたしが作った柄ではないですが、丸いシールにぴったり合うように銀枠を作るのがちょっと大変でした。
銀の収縮率をまだ上手く出来ないでいるので…。

わたしの常套手段。
歩いたり動いたりしている最中ペンダントのトップが裏返ってもかわいいように、樹脂で埋め込んだお花の裏はこんなかわいらしい柄になっています。
ここで活躍するのが、例のクラフトパンチです。
蝶々やら三つ葉やらクローバーやら…。
薄く伸ばした銀を挟んでパチリ。
気分次第でこちらを表に着けてもいいかもしれません。
身につける方次第で使い方を変えることが可能なリバーシブルタイプ。

他にクラフトパンチを使用した作品はこちらLinkIconレースピアス

フラワーベッドペンダント②.jpg

フラワーベッドペンダント③.jpg

チェーンの通し方が違うのを2種類作ってみました。
ひとつは1ヶ所からバチカンを使って吊るタイプ。
もうひとつは2ヶ所に差し丸カンを入れて、両側から吊るタイプ。
単純にトップで吊り下げるだけじゃなくて、なんとなく肌や洋服にペタっとなるトップもいいのかな〜と思いまして。
…だけど、今思ったんですが、後者の方は身に着けている最中あんまり裏返ること無いですね。
せっかく裏返ってもいいように裏面もかわいくしたのに…。
まぁ、いいか。

なんでフラワーベッドペンダントって名前をつけたんでしょう?
わたし、何かの題名とか名前とかつけるのめちゃくちゃ下手なんです。
でもコレは、花壇をイメージしているのです。
わかりづらいかもしれませんが、トップの側面、花壇のレンガをイメージして模様をつけているのです。
「花壇=flower bed」ということで。

Item Spec:
長さ 約40〜45cm
重さ 約8.0g

フラワーベッドペンダント④.jpg

The Points

クリスタルレジン

画像28.JPG今回も使用したレジン、透明低粘度エポキシ樹脂です。
主剤の液状エポキシ樹脂に硬化剤を2:1の割合で混ぜ、透明な硬化物を作るというものです。
主剤と硬化剤の割合が違ったり混ぜ方が不十分だったりすると、出来上がったときに充分硬化していなかったりなどの問題も出てくるので、扱い方は注意が必要です。

押し花シール

押し花シール.jpg10枚セットで売られていました。
購入したのは雑貨屋さんでもなく、文具屋さんでもなく、洋服屋さん…。
でも多分きっと探せばいろんな場所にあるでしょう。
丸型じゃなくてもいろんな形であるかも。
探してまた作ってみようかなと思います。